見た目作り.com

SNXS79をレビュー(セイコー5)

こんにちは。

今日はビジネスマンの必需品、腕時計のレビューをしたいと思います。

レビューされるのは

SEIKO5(セイコーファイブ)のSNXS79 です。

セイコー5って?

セイコー5とは、日本の腕時計メーカーであるセイコーが作る「自動巻き腕時計」のブランド名です。
このモデルは特に東南アジア、南米、中東をメイン市場として作られた時計です。

なぜかと言うと、この地域はボタン電池の安定供給が難しいため、クォーツ時計の普及は難しいようです。

なので、腕を振ることで、ゼンマイが巻かれて動く自動巻きが重宝されているのです。

ちなみに、日本やその他の先進国でも「デザイン性」「安さ」「正確さ」で普通に人気がある時計です。

そんな予備知識を仕入れたところで、私のお気に入りを紹介したいと思います。

SNXS79

こちらがSNXS79というモデルです。めちゃくちゃかっこいいです。
ぶっちゃけ最初は

ロレックスのデイトジャストが欲しいけど買えないので、近い雰囲気の時計として買いました。

比べてみてください。
画像は価格ドットコムのレビューより

ね、スタイルとしては同じですよね。
今ではロレックスの代わりというよりも、セイコーの時計として愛着がわいております。
ビジネスの実用時計としても優秀ですし、見た目の高級感もあります。
とても一万円ちょっとで買える時計には見えませんよね。

サイズ表

ケース直径 37mm
ケース縦 43mm
ラグ幅 19mm
厚み 12mm

ケース直径


これは私にとってベストサイズです。
37ミリという大きさは大きすぎず、小さすぎず一般的な手首の方であれば過不足なくつけられると思います。

ラグ幅

ラグ幅というのは、ベルトの幅です。
19mmという若干珍しいサイズなので、皮ベルトにしたい、という時は探すのに苦労すると思います。

仕様

ムーブメント オリジナル7S26
ガラス面 ハードレックスミネラルガラス
耐水 30M/3bar
夜光 ハンズとインデックス

ムーブメント


ムーブメントはセイコーオリジナルの7S26です。
非常にベーシックで、長い年月をかけて作り上げてきた高品質なムーブです。
決して派手さはありませんが、21ジュエル、42時間パワーリザーブと21,600 振動というまさにベーシックイズベストなムーブメントです。

コスト削減の努力により、驚くほどの低価格でそれを可能にしました。
それでも平均以上の信頼性と十分な精度を持っています。

手巻きやハッキングの機能はありませんが、そもそものニーズを考えるとそこをカットしたのは合理的な判断と言えるでしょう。

ガラス

SNXSのクリスタルは、セイコーウォッチのほとんどの物と同じです。
ハードレックスガラスですが、特に優れて傷がつきにくいとかではありません。

ここは低価格帯なので仕方がないところです。
より傷がつかない「サファイアクリスタルガラス」にすると、価格帯が3万~になりますからね。

耐水性

これは30mという、必要最低限です。
基本的には手洗いの時に外さなくても平気、くらいに考えておいたほうがいいです。
アウトドアでガンガン使うタイプの時計ではないので問題ないと思います。

夜光


非常にキレイなグリーンに発光します。
どれくらい続くかは計測してないので不明ですが、現代社会においては(光らないことで)苦労することはないと思います。

スタイル

文字盤 グレーサンバースト
ハンズ バトン
インデックス バトン
ケース ステンレス・ポリッシュ
ブレスレット ステンレス

文字盤


SNXS79の文字盤は一見かなり普通に見えるかもしれません。
ですが、これがセイコーの細部へのこだわりがわかるポイントです。
太陽の下、照明の下で輝き、色を変える、驚くほど美しいサンバーストダイヤルが手元を彩ります。

ハンズ・インデックス


ハンズとインデックスは非常にシンプルかつエレガント、ロレックスデイトジャストを彷彿とさせます。
どちらもバトン型で、手頃な価格で買える時計にはとても見えません

ケース

SNXS79のケースは、全面研磨されたステンレス製です。
ケースの形といい、磨きの輝きといい、非常に素晴らしいです。
裏面はスケルトン仕様になっており、自動巻きのムーブメントを見る事ができます。

ブレスレット

ここはやはりセイコー5です。
コスト削減の影響が出ており、若干のチープさは否めません。
巻きブレスでカチャカチャしますし、腕毛をつまむことがまれにあります。

ブレスレットの着け心地自体はそれほど悪くはないのですが、軽さがチープさを演出してしまいます。
ここはアフターマーケットのベルトへの付け替えがオススメです。

動画でも

まとめ

いかがでしたか?
やはりスーツに似合う時計は、普遍的で上品な物がいいですよね。
しかも低価格なので、始めの時計として最適と言えると思います。
またスーツの色に合わせて、といった具合に楽しむことができるのも低価格ならではですよね。


みなさんも自分のセンスを信じて、「楽しむ腕時計」にチャレンジしてみてください。

読んでいただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
タケウチアキラ
タケウチと申します、群馬暮らし。 現在営業兼フリーランスのマーケターとして奮闘中。 SNSマーケティングが大得意。 公開できない実績もあるので、知りたい方やお仕事の相談はツイッターやインスタ、メールからどうぞ。