体作り.com

【ダイエットは】あなたのダイエットはいつから?【明日から】

こんにちは、パンダです。

突然ですが、あなたのダイエットはいつからですか?

ちなみに私は常に「今から」です。

ですが、ついつい後回し、明日から、となってしまいますよね。

今日は「ダイエットは明日から」になってしまう理由と対策をご紹介します。

なぜ明日からになるのか


これは心理学でいうと「認知的不協和」から成り立ちます。

これは簡単にいうと

痩せたい、でも食べたい

っていう相反する気持ちのことです。

痩せたいけど食べたい、時に人は心に非常に強い負荷がかかります。

すると、その負荷から逃げようとして、今日食べてもいい理由を探すわけです。

・スイーツ食べたから、夕飯は少なくすればいっか
・焼肉食べたけど、ウーロン茶飲むからいっか

これが「ダイエットは明日から」と言われる理由です。



どうしたらいいの?


ここでやるべきなのは、ダイエットをすべき強い理由を探すことです。

例えば

・健康診断の結果
・体重という事実
・摂取カロリーという事実

こういった痩せるべき理由を明確にすることが大事です。

対策1

健康診断の結果をスマホの待ち受けにする。

これは実際に私の同僚がやってました。

なかなか精神的に来るそうですが、効果は高いそうです。

どうしても変えたくないお気に入りの写真がある人以外は、やってみるのも良いかも知れませんね。

対策2

毎日体重を測る。

これは私も実践してますが、良いと思います。

毎日事実を知ることで、自然と「ランチは野菜多めにしよっかな」とか「半ライスにしよう」となるわけです。

実際にこれだけで、身長173センチ体重85キロだった私の同僚が一か月で3キロの減量に成功しました。

曰く「体重を見て、落ち始めるとうれしい」 とのことでした。

実際に結果が出始めると、それがモチベーションに繋がるんですね。

対策3

食事を記録する

レコーディングダイエットという食べたものを記録するだけという、大変シンプルなダイエット方法です。

注意しなければいけないのは、「食べたもの全て」です。

もらったお菓子とか、飴、ガム、試食、こういった物も全て記録する必要がありあmす。

食事内容と体重の減少具合、カロリー量との関わりが自然と頭に入ってきて、カロリーの知識が増すという利点があります。
レコーディングダイエットでは、毎日何を食べているか記録を残すことで、1日の必要カロリー摂取量よりどれだけ上回っているか、あるいは下回っているかわかります。

何をどれだけ食べたかを記録していくという簡単さがレコーディングダイエットの特性といえるでしょう。

またメリットとして、レコーディングダイエットには、専用の器具などは必要ありません

食べるのが大好きな方にとっては1日の摂取カロリーより、低めの設定のカロリーを設定し好きなものを食べることが出来る訳です。

体重が減ることによる充実感や前向きな気持ちなどを、このレコーディングダイエットでは得ることが出来ます。

自分の食生活を見直すきかっけにもなるのがレコーディングダイエットです。

レコーディングダイエットは、やみくもに食事量を減らしたり、単品の置き換えダイエットをして苦しい思いをするより、ずっと効果的に無理のないダイエットができる方法であるといえるでしょう。

じっくりと続けることで体も心も軽くなっていくレコーディングダイエットは健康的にやせられる、大変優秀なダイエットといえるでしょう。



まとめ

以上をまとめますと、待ち受けを変える、体重計に乗る、食べたものを記録する

これだけです。

常に自分がダイエットが必要であると認識し続けることが、途中で挫折しないで地道に続けて行ける方法と言えるでしょう。

ダイエットは明日からになってしまいがちな人は、今日から実践してみてはいかがでしょうか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
タケウチアキラ
タケウチと申します、群馬暮らし。 現在営業兼フリーランスのマーケターとして奮闘中。 SNSマーケティングが大得意。 公開できない実績もあるので、知りたい方やお仕事の相談はツイッターやインスタ、メールからどうぞ。