中身作り.com

知らないとマズイ!自己成長に繋がるマインドセットとは?

こんにちは、パンダです。

日々、自己研鑽に励んでいますか?
自分で自分を磨かないと、会社に依存した人生となってしまいます。

今日は自己成長にとって大事な考え方をお知らせします。

みなさんの周りにも「成果」を出してる人っていますよね?

そんな成果を出してる人を見て、貴方はどう思いますか?

「さすが実力者!」と賞賛したり

「まぐれまぐれ」と嫉妬したり

様々だと思います。

ここで間違ってもやってはいけないのは

「あの人は特別だから」

傍観してしまうことです。

諦めず、傍観せず

「あの人はなぜ成果を出せたのだろう?」

と自分で考えてみることです。

これこそ自己成長への第一歩と言えるでしょう。

成果とは

ここではアイスバーグの理論を使って考えてみましょう。
吉田行宏(よしだ・ゆきひろ)さんの著書、「成長マインドセット」より学びました。

*itmedaビジネスオンラインより

上の図のように、目に見える「成果」の下には目に見えない、その人を形成する思考や習慣があるということが分かります。

ついつい派手な成果に目が行きますが、それを生み出すのには様々なものが積みあがっているのですね。

この成果を出すための、ベースを理解しないと成長ができないといえます。

能力・スキル


営業系の方ですと、どうしても短期的な成果を求められてしまいます。

すると小手先のテクニックに走ってしまい、顧客目線から離れてしまいます。

結果どうなるかというと、強引なセールスになり、売れなくなります

また、顧客離れ、クレームへと繋がりかねません。

戦略・戦術・顧客目線 これを忘れないようにしましょう。

営業の方は「自分には関係ない」と思うかもしれませんが、「マーケティング」を学ぶことをオススメします。

あのピーター・ドラッガーもマーケティングとは

営業の必要をなくすこと

と言っています。

これは営業不要というわけではなく、前述した強引なセールスが必要なくなる、という意味です。

ふるまい・行動・習慣


みなさんの会社に、なぜか人から好かれる人っていますよね。

こういう人って成果を出せたりするので

パーフェクトヒューマンかよ!

とついつい羨望のまなざしを向けがちですよね。

これらの要素は相手の事を考える、相手ファーストによるものと言えるでしょう。

相手(顧客を含め)が何を望んでいるかを考えられる人とも言えます。

意識・思い・人生哲学


これは深いですね。

あなたの人生哲学は何ですか?

と聞かれてもスッと出て来る人はごく僅かだと思います。

簡単に言うと、どんな人生にしたいか考えているか、ということだと思います。

これは育った環境によるところも多いのです。

ですが、決してそれを言い訳にしないで「自分で変えられる」ということをみなさんにお伝えしたいです。

アドラー心理学をまとめた名著「嫌われる勇気」にものすごく分かりやすく書いてありますので、読んでみることをオススメします。

まとめ


今回は成長するための、心掛けのような話となりました。

毎日をただ漠然と過ごすのはとてももったいない事です。

成長したい、と思ってもその方法を知らなかったり、上司や環境が用意されていないケースも多々あると思います。

まずは、自分でできる事を考え、実行してみましょう。

ちなみに私はコーチングの勉強をしています。

私の勉強のためにも、ツイッターのDMにメッセージを頂ければ、何か手助け出来るかもしれません。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
タケウチアキラ
タケウチと申します、群馬暮らし。 現在営業兼フリーランスのマーケターとして奮闘中。 SNSマーケティングが大得意。 公開できない実績もあるので、知りたい方やお仕事の相談はツイッターやインスタ、メールからどうぞ。