体作り.com

お酒が肌に与える影響

こんにちは、パンダです。

仕事とプライベート、充実させるには自分への自信が不可欠ですよね。

自分への自信にとって、「キレイな肌」というのも欠かせない要素ですよね。

今回は、お酒がお肌に与える影響をお伝えしたいと思います。

脱水症状


みなさんはコンジナーって聞いたってことありますか?

簡単に言うと、アルコールに含まれる化学物質で、二日酔いを引きおこすものです。

このコンジナーが肌から水分を奪っていくのです。

また、お酒を飲むとトイレに行く回数が増えますよね?

これはお酒の利尿作用によるものだと言うのはご存じだと思います。

ですが、お酒がもっと怖いのは水分を吸収することまで妨害してくるのです。

体が失った水分を再び吸収するために、バソプレシンというホルモンの生成が必要なのですが、これを阻害するのです。

つまり

お酒を飲む➡水分が出る➡水分の吸収を阻害される➡脱水症状になる

という、脱水症状のバッドサイクルに陥ってしまうのです。

むくみ


お酒を飲んだ次の日は、顔がむくんでいたり、クマができたりしませんか?

アルコール類を飲み過ぎると血液中のアルコール濃度が高くなって血管が拡張します。

静脈やリンパによる水分の処理が間に合わず、むくみが生じやすくなります。

特に夜は、寝ている間に顔の方に水分がたまるため、朝起きたときに顔やまぶたが腫れやすくなります。

塩分も一緒に取れてしまう、ソルティ系は注意が必要ですね。

また、むくみには病気が潜んでいる可能性があるそうです。

可能性が一番高いのが腎臓病です。顔のむくみは、水分の調節を行う腎臓の機能が低下したときによく見られる症状です。ネフローゼ症候群、急性腎炎、慢性腎炎、腎不全などが考えられます。*徳島県医師会 HPより

ニキビ


アルコール飲料に含まれる高い塩分や糖分が、肌の油分の過剰生成を促進します。

これに炎症の原因となるインスリン値の急上昇が組み合わさることで、ニキビができるという訳です。

アルコールのお供に揚げ物が付いてくる人は、特に注意が必要です。

老化


アルコールを摂取すると、細胞へのダメージや早期老化の可能性が高まります。

そもそも肌が脱水症状を起こすということは、バリア機能が失われるということです。

バリアが無い状態で、紫外線(夜も出てますよ)やホコリ、等で刺激されるわけですからね。

お酒を飲むと老化が早まる、というわけです。

変色


アルコールの過剰摂取は肌の変色に繋がります。

主に肝臓の機能低下によって起こります。

肌はくすんで見え、目の周りに色素沈着を引き起こしてしまうのです。

また、白目の部分が濁ったり、黄色くなってきたら肝臓病の疑いが高いですね。

まとめ


お酒がお肌(というか体)に良くないというのはお分かり頂けましたか?

お酒を飲み続けると、肌は荒れるし体を壊すというのは大人であれば誰でも知ってることです。

実は私もお酒が好きですが、意識して飲むのを辞めています。

私がお酒を飲んでた理由が

ストレス発散・炭酸の爽快感

これらを得たいからでした。

なんとかお酒を飲まない方法はないものかと、色々考えました。

ストレスは仕事や、プライベートが充実していないことからでした。

ストレスの原因の仕事を見直し、プライベートも趣味を探す等の努力をしました。

炭酸の爽快感は、意外と簡単で炭酸水+レモン果汁で代用可能でした。

最後に

もし、お酒のデメリットに気づいて「お酒を止められるものなら、止めたい」と思っているなら。

そもそもなぜお酒に惹かれてしまうのか(依存してしまうのか)、を一度書き出してみてはいかがですか?

お酒は美味しいですし、メリットもあります。

ですがデメリットに関しては、大事な体を壊し、寿命を縮めるものです。

見た目を壊し、体を壊し、人生を壊すお酒の摂取。

一度考えてみませんか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
タケウチアキラ
タケウチと申します、群馬暮らし。 現在営業兼フリーランスのマーケターとして奮闘中。 SNSマーケティングが大得意。 公開できない実績もあるので、知りたい方やお仕事の相談はツイッターやインスタ、メールからどうぞ。