中身作り.com

【映画】自己成長に繋がる映画・3選【動画】

こんにちは、パンダです。

自宅にいる時間、みなさんはどう過ごしていますか?
ゲーム、読書、映画、SNS・・・色んな選択肢がありますよね。

どうせ過ごすんだったら、自己成長に繋がるような時間を過ごしたい!と思っている人も多いのではないでしょうか?

今回オススメする過ごし方はずばり

映画を観る

です。もちろん映画館ではなく、家でですよ。

今回は私が独断で選んだ、自己成長に繋がる映画3選をご紹介したいと思います。

オデッセイ


「火星にひとりで取り残されたけど頑張る話」

ある意味、今のコロナ自粛と同じともいえるかも知れません。

火星探索の話なのですが、マットデイモン演じる主人公のワトニーは、ある不測の事態がきっかけで、火星に一人取り残されてしまいます。
誰にも連絡が取れず、残された食料、エネルギーは残り僅か・・・

そんな絶望的な状況で、私だったら自我を保てるか自信がありません。

ですが、ワトニーは違いました。
自分の持つ知識をフルで動員して、できる限りのことをやりました。

植物学者の知見を活かしたわけですが、そう都合よく行かずに何度も失敗します

ですが決して諦めず、可能性の限りを模索し続けます。

生き残るために、できることを

地球とのコンタクトを、可能性をかき集め、やり尽くす。

彼が希望を得るたびに安堵し、危機に直面する度にドキドキする。

そして、お約束ですが感動とスリリングなエンディングへと続きます。

今の時代、外との通信手段は多いですが、孤独を感じている人が多いと思います。

そんな時こそ、ワトニーのように「希望を失わず」「ポジティブマインド」で諦めずに生きて行ければと思います。

バックトゥザフューチャーシリーズ


過去や未来にひとり取り残されたけど頑張る話

なぜ、エンターテインメント作品を入れてるかというと理由は二つあります。

一つは、タイムトラベル物の名作中の名作、たくさんの著名人にも愛される不朽の名作です。

二つ目は、アラフォー以上の世代でこの映画を嫌いな人いない

からです。

特に二つ目は、「どうしてもおじさん世代と共通の話題がない」といった場合の鉄板ネタだからです。
現に私はバックトゥザフューチャーをネタに話が弾んだことが何度もあります。

話としても名作ですし、おじさんとの共通の話題にもできる。
一粒で二度美味しい、コスパの高い映画だと思います。

実際語りだしたら、2万字はいくと思います。
これは色々な人がオススメしてるので、私があえて内容をクドクド紹介する必要もないと思います。

ひとことだけ言わせて貰えれば

「未来なんて白紙だ」

ということです。

意味は映画を見れば分かります。
あと、イライラしても急アクセルを踏んではダメです(笑)
これも映画を見れば分かります(^^)

ウォール街


金融ビジネスでもモラルが必要な話

舞台は1980年のアメリカ。
ジャパンマネーが席巻している時代背景があります。

「物言う株主」ってどんなもんか、マイケルダグラス演じる「ゲッコー」を見れば分かります。

チャーリーシーン演じるバドも最初は師事するのですが、次第に疑問を抱いていきます。

資本とは、株主とは、株主にとって会社とは、

そんな難しい課題について、楽しみながら学べる良き映画だと思います。

まとめ


若干ではありますが、時代を感じる映画もあります。
ですが、どの映画も本当に素晴らしいです。

優れた脚本、演出、音楽、・・・人生の貴重な時間を捧げるに相応しいと思います。

ですが、世の中には駄作があるのも事実。

お金よりも時間のほうが大切です。
そして、時間とは命・人生です。

time is money
time is life

そんな駄作に出会ってしまい、貴重な時間を無駄にして欲しくないという思いから、
オススメの映画を紹介させていただきました。

最近はレンタルショップに行く時間ももったいないので、自宅で動画配信サービスを利用してます。

ぶっちゃけ良い映画は冒頭30分見れば分かります。

逆に30分経っても入り込めなければ、駄作といえます。

良さそうなジャケットに騙されて、楽しみにレンタルして、駄作・・・

こんなに無駄なことはないです。

ぜひ、私のオススメの映画を見て、有意義な時間にして頂ければと思います。



最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
タケウチアキラ
タケウチと申します、群馬暮らし。 現在営業兼フリーランスのマーケターとして奮闘中。 SNSマーケティングが大得意。 公開できない実績もあるので、知りたい方やお仕事の相談はツイッターやインスタ、メールからどうぞ。