中身作り.com

【失敗しない】地方で働いて分かった、意外と大事な事【転職】

こんにちは、パンダです。

今回は地方で働く際に、当たり前だけど忘れがちなことをお伝えします。

地方のビジネスマンはスキルが低いという話をしました。
ですが、プライドまで低いかというと、そんな事はありません。
むしろそれなりに成功体験を積んで来ているので、変なプライドを持っていたりします。

転職組でしたら、絶対に気を付けて欲しいことです。

前の会社は~とか言わない


これは、間接的に今の会社をディスることになります。
例え話として話をしてるとしても、聞いてるほうは今の自分達を否定されていると感じます。

恋愛関係で例えると、「前の彼女(彼氏)は~」って言われているようなものです。

「〇〇さんのやり方は素晴らしいです、あれ、〇〇さんならもっといい方法思いついちゃうんじゃないですか?」

と、相手を持ち上げつつ誘導することが有効です。
もし相手が乗ってきたら、ヒントだけ出して相手の手柄にしましょう。

チャット番長にならない


社内チャットが当たり前になってますよね。
ここでも発言には慎重になりましょう。

自分が思いついたアイディアや改善があったとします。
ここで自分ガ~自分ガ~とならないようにしましょう。
「〇〇さんと話をしていた時に△△と言っていました」

内容的には1~10のうち4くらいに留めて、最後のシュートを決めさせましょう。
ここでも手柄を取らせましょう。

年に数回の飲み会は参加


私は基本的に飲み会は出る価値はないと思います。
ですが、どうしても出なければならない時が、地方中小ではあります。
そんなピンチをチャンスに変えましょう。

・部長の隣に座ってお酌をする
・先輩の話を聞く

ここでは聞き役に徹しましょう。

上司に媚びない、といったプライドも素晴らしいです。
ですが、一旦プライドは置いておきましょう。

地方中小において、上司に気に入られて損はないです。
それどころか気に入られないのは損です。
仕事をやり易くするのがプロの社会人だとしたら、仕方なく出る飲み会でもプロの仕事をしましょう。

まとめ

地方に転職するデメリットとして、ローカルルールが強いといった部分があります。
地方中小はレベルが低いので、ついつい改善したくなっちゃいますよね。
その姿勢は素晴らしいので、やり方を間違えないようにしましょう。
くれぐれも悪目立ちせず、楽をして成果出しましょう。
そのためには、周りとの協調が意外と大事なのです。
特に地方は村社会なので。

最後に
以上が私が地方で学んだ、意外と大事な事です。
転職だとして、地方で働く理由は様々だと思います。
ですが、思わぬ所で足を引っ張られるのが地方中小です。
決して驕らず、周りを立てる。
これを忘れないようにしましょう。
ちなみに上記の飲み会の部分に関しては、田端信太郎さんの著書を読んで、持論が正しいと再認識しました。

 

それでは、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
タケウチアキラ
タケウチと申します、群馬暮らし。 現在営業兼フリーランスのマーケターとして奮闘中。 SNSマーケティングが大得意。 公開できない実績もあるので、知りたい方やお仕事の相談はツイッターやインスタ、メールからどうぞ。